ルドン展2018 秘密の花園の混雑状況・所要時間・チケット・グッズ

ルドン展の感想,チケットを安く購入する方法,複数人の鑑賞時間,グッズの写真も多数掲載!!

「ルドン―秘密の花園」展は東京・丸の内にある三菱一号館美術館で開催されています。

オルセー美術館所蔵の15点と合わせてドムシー城の食堂を飾ったルドンの装飾画が一堂に会す日本初の機会。
世界有数のルドンコレクションとして名高い岐阜県美術館をはじめ、国内の美術館、そして、オルセー美術館、ボルドー美術館、プティ・パレ美術館(パリ)、ニューヨーク近代美術館[MoMA]、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、シカゴ美術館、フィリップス・コレクションなど海外の主要美術館から、植物のモティーフのルドン作品が来日し、およそ90点により構成する大規模なルドン展。


展覧会の開催期間:2018年2月8日(木)~5月20日(日)
休館日:毎週月曜日
(但し、祝日の場合、5/14とトークフリーデーの2/26、3/26は開館)
開館時間:10:00~18:00
(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)
※最終入館は閉館の30分前まで

三菱一号館美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
http://mimt.jp/access/

https://www.youtube.com/watch?v=boLz7YKmgGw

オディロン・ルドンとは(wikipediaの情報
オディロン・ルドン(Odilon Redon、1840年4月20日〈※異説では4月22日〉 – 1916年7月6日)は、19世紀後期から20世紀初期にかけて活動したフランス人画家である。本名 Bertrand-Jean Redon(ベルトラン=ジャン・ルドン)。ボルドーで生まれ、出生地および近郊の町で育つ。

オディロン・ルドンは印象派の画家たちと同世代であるが、その作風やテーマは大きく異なっている。光の効果を追求し、都会生活のひとこまやフランスのありふれた風景を主な画題とした印象派の画家たちに対し、ルドンはもっぱら幻想の世界を描き続けた。象徴派の文学者らと交友をもち、象徴主義に分類されることもあるが、19世紀後半から20世紀初頭にかけてという、西洋絵画の歴史のもっとも大きな転換点にあって、独自の道を歩んだ孤高の画家というのがふさわしい。

初の石版画集『夢の中で』の頃から当時の生理学や科学が投げかけていた疑問・問題意識である不確かな夢や無意識の世界に踏み込んだ作品を多く発表した。それらは断頭や目玉など、モノクロの版画であることもあって絶望感もある作品群であるが、人間の顔を具えた植物のようなものや動物のような顔で笑う蜘蛛など、どこか愛嬌のある作品も描いた。

鮮やかな色彩を用いるようになったのは50歳を過ぎてからのことで、油彩、水彩、パステルのいずれも色彩表現に優れているが、なかでも花瓶に挿した花を非常に鮮烈な色彩で描いた一連のパステル画が知られる。

スポンサーリンク


所要時間

ルドン展で展示されている作品は約90点です。
ルドン展の作品リストはコチラ

音声ガイドの所要時間は約35分ですから、
混雑状況にもよりますがササッと観るのであれば
1時間ぐらいで鑑賞できるとは思います。

じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

音声ガイドナレーターは俳優・石丸幹二さん。

音声ガイド貸出価格は520円(税込)

ルドン展の音声ガイド詳細



混雑状況

「ルドン―秘密の花園」展の公式サイト
三菱一号館美術館のtwitter
には待ち時間や混雑状況が掲載されていないようですので、
「ルドン 混雑 OR 混み OR 待ち」
ツイッター検索結果を表示
などのキーワードでツイッターで検索してください。

ツイッターの検索で「OR」はいずれかのキーワードを含むことを示しています。
上記の例だと「混雑 OR 混み OR 待ち」は「混雑」「混み」「待ち」のいずれかのキーワードが
含まれているTweetが表示されます。



チケット情報

チケット料金
一般:1,700円
大学生・高校生:1,000円
小・中学生:500円

アフター5女子割
第2水曜日17時以降/当日券一般(女性のみ)1000円
※他の割引との併用不可 ※利用の際は「女子割」での当日券ご購入の旨お申し出下さい。
ルドン展 LOVES うどん県
語呂が似ているルドン展とうどん県。
コラボレーションを実施。
3/20(火)~4/20(金)までうどん県(香川県民)の方は入場券無料!
【注意事項】
以下、香川県民を証明するものをご持参頂いた方を無料とさせて頂きます。
現住所が香川県である免許証及び、健康保険証・パスポートのいずれかコラボレーション企画の詳細はコチラ

ルドン展のチケットは三菱一号館美術館のチケット売り場以外にも、
公式オンラインチケットチケットぴあローソンチケットなどでインターネット購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると1,200円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクのルドン展チケット出品状況はコチラ

ラクマのルドン展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。



グッズ

グッズには展覧会図録,スカーフ,ハンカチーフ,エコバッグ,アクセサリーなどがあります。

ルドン展のグッズ情報はコチラ



ルドン展の感想

twitterでツイートされていた感想を抜粋してみました。